便秘お茶

MENU

便秘で発生する有毒ガスとは

便秘=便が出ないこと。
つまり、排せつ物が体内にたまっている状態です。

 

栄養となる作用があるものではなく、その名のとおり体内から排泄しなければならないもの。
それが腸からなかなか出ていかないとなればどうでしょう。

 

少し恐ろしい話をします。

 

腸にたまった便は3日程度で腐敗、つまり腐ってしまいます。
硫化水素などの有毒物質を生成します。

 

食物繊維

 

硫化水素はご存知でしょうか?
火山ガスにも含まれています。

 

ここからがさらに恐ろしい話です。

 

有毒物質は水溶性。体の中に流れている血液、これもまた液体です。血液を通って有毒物質が全身を循環する。この有毒物質のガスが悪玉菌です。

 

 

どうでしょう。

 

良い影響があるものではない深刻な状況になっていくことが分かるはずです。血液の汚れは疲労感や血管のつまりも引き起こします。免疫機能が低下したまった毒素は腸内環境を悪化させていきます。

 

この有毒物質であるガス、女性にとって非常に深刻な問題はもう一つ。

 

便秘になると有毒物質ガスのためにおならが非常に臭います。それだけではなく血液を通って全身に回った有毒物質ガスは口から毛穴から、便臭のまま発せられます。