便秘お茶

MENU

下剤の使い過ぎは危険!

病院

便秘がひどくなり、病院に行くと便秘薬が処方されます。
ところが便秘薬の常用は医師でもその危険性を警告するほど危険なものです。

 

本来腸が活発に活動をすることで押し出されながら運ばれて便が移動していきます。
ところが便秘薬は自然な便意を感じなくなり症状を悪化させる可能性が高いものとして常用は避けるように医師からの説明が加えられます。

 

 

下剤に頼った排便は、下剤なしでは排便できない状態にまで。
これでは自力で便秘を解消することは難しいものです。

 

 

病院

なぜなら、下剤は刺激性
腸に強制的に刺激を与えることでぜん動運動を誘発します。

 

大腸の動きが弱まり自力で排便ができない場合には効果が高い反面、体になれが生じてしまい効き目が落ちていきます。それまで以上の刺激がなければ腸が動かない、そこまでにもなってしまうのです。

 

下剤に頼らない排便をするためには、食生活、水分補給、運動が三原則です。
自力で排便ができる環境を作っていきましょう。